肌が弱い人のムダ毛処理とその後のケアについて

自己処理で絶対にやってはいけないこと

敏感肌やアトピー性皮膚炎の人でもムダ毛のお手入れはしたい。だけどすぐに荒れてしまう。そんなデリケートな肌の人がやってはいけない方法がカミソリや毛抜きでの」処理です。カミソリは肌の表面を傷つけてしまい、ひりひり」してしまう原因になってしまいます。また毛抜きは毛穴を傷つけたりその穴から雑菌が入ってしまい、炎症が起こる原因になってしまいます。そのため肌が弱い人はこの方法でのムダ毛の処理はあまりお勧めしません。

フラッシュ脱毛かブラジリアンワックスで脱毛しよう

フラッシュ脱毛とは機械を脱毛したいところにあてて、特殊な光を照射して脱毛をする方法で、無理に抜いたり剃ったりという方法ではなく、肌サイクルに合わせて自然と抜け落ちるという方法です。ブラジリアンワックスは好きなところにできるのが魅力的で、しかもたった30分で無毛状態にすることができるので、突然明日プールへ行くことになっても安心です。肌に優しいのでこちらも敏感肌の人でもムダ毛処理をすることもでき、学生のおこづかいでも通えます。

脱毛も大事だが保湿も大事

脱毛をする前に必ず保湿ケアをしましょう。特にフラッシュ脱毛をするときは保湿ケアがされてないと施術できない場合があります。理由は脱毛効果が半減してしまうからです。肌が乾燥した状態でフラッシュ脱毛を行っても、抜けにくいので施術をする意味がなくなってしまいます。また施術後のデリケートなお肌を優しくお手入れをしてあげることも大切です。保湿も施術する前日に急に行っても内部は乾燥しているので意味はありません。日ごろからしっかりと保湿対策をしましょう。

部分を脱毛する際には、施術の方法を選ぶことはもちろん、それぞれの店舗の最新のサービスの良しあしをじっくりと見極めることが大事です。